袴や振袖はレンタルサービスを利用した方が良い理由があります

着物・振袖・袴

袴選びは楽しかったです

かわいい女の子

大学の卒業式で初めて袴を着ました。まず選ぶときに重視したことは、他の人と被らないことです。卒業式では卒業する女性のほとんどが袴を着用します。
選ぶときに雑誌を参考にしたのですが、雑誌に大きく掲載されている袴はとても可愛く、見てるだけで着たくなります。しかし実際それを選ぶと、同じ考えの方も多いのでまったく同じ、もしくはそれに酷似した袴を着ることになるということを、友人たちの話を聞いていて思いました。なので、最終的には試着をしに行って、あまり選ばれていない袴の中で自分に似合うものを選びました。
袴を着てよかったことは、とにかく歩きやすかったことです。靴も下駄ではなくブーツでいいし、振袖よりも足元が広がっているので着崩れをあまり気にせずに歩くことができました。
逆に苦労したことは、袴は帯の上に被せて穿くので、歩けば歩くほど自然と袴の重さに帯が耐えられなくなってずり落ちてくることです。振袖よりも着付け直しが難しかったので、大変でした。振袖を着るときに準備しておきたいものは、着付けの際お腹に巻くタオルです。特に私は少し胸が大きめなので、着付けの際はいつもお腹にタオルを何枚も巻くことになります。なので、自分から先にタオルを用意しておくと便利です。